読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただいま会議中です

会議中ですが、だいたい日記を書きます。

とあるデートと運命の人

日記

バカげた夢を見た。

前の日に恋人が高速バスで実家に帰ったからかもしれない。夢の中で、僕は高速バスでどこかへ移動していた。高速道路を走行中に地震が起こり、みんなパニックになった。地震が収まるのを待ち、身の安全がわかったところで、僕が考えたのはママのことだった。ちょうど実家の近くにバスは停車していたので(夢というのはなんて都合がいいのだろうか!)、すぐにママがいるはずの家に向かった。そこで見たのは半壊した実家の姿で、幸いにもママは家の横に立っていて無事そうだった。その姿を見て僕は安堵し、そこで目が覚めた。なんら不思議なことはない普通の夢のようだが、僕はその夢の内容にとても驚いた。ママが"死んでいないこと"に安堵した自分にである。現実にはママは3年前に死んでしまっていた。

 午前中は目下攻略中のゲームをして過ごした。宇宙人から地球を守るゲームで、宇宙人がのったUFOや巨大化した虫(アリやクモなどとてもリアルな生物たち)を生身の人間が銃火器を使って侵略を阻止する。コントローラーがあれば二人でプレイすることができるので、恋人と一緒に進めている。昨日から恋人が実家に帰っているので、今日は一人でプレイした。一人でも十分楽しい。

何度か地球を守った後、冷凍しておいたハンバーグを焼き、大根をすりおろしてポン酢をかけて和風ハンバーグにした昼食を食べた。インスタントのわかめスープと白ご飯付き。僕はいつものケチャップとウスターソースを入れたグレイビーソースも好きだが、時々この和風のものも食べたくなる。さっぱりしていて白ご飯も進む。

シャワーを浴びて服を選び、髪を整えて予約した美容室へ向かう(髪を整えてもらうための美容院に、髪を整えてから行くなんてつくづく無意味だ)。夜に友達とご飯を食べに行く約束があり、僕の恋人の定義で言えば、どうやらそれはデートであるらしい(恋人の『デート』の定義はとても広い。二人きりでご飯へ行くだけでデートらしい)。よってデート用の服を着ることにした。今日のデートの相手はスウェットを嫌っていたと記憶していたので、久しぶりに紺色のチノパンを履いた。

家の最寄り駅から電車を2回乗り換えて移動する間、ハマっている海外ドラマを観ていた。仲の良い男女6人がNYで暮らすコメディドラマで、良いジョークが満載なので気に入っている。駅に着き、喉が渇いたので最寄りのコンビニでタピオカミルクティーを買った。あまりタピオカが美味しくない。青いコンビニのものはもう飲まないことにする。

髪を切ってもらっている間、仲の良い美容師さんに最近のことを話す。彼にはなんでも話しているので、いろいろ愚痴をきいてもらう。ところで、僕はシャンプーした後のマッサージしてくれる時間が好きだ。いつも同じ見習い風の女の子がやってくれるのだが、なんだか話しかけることが億劫で、今日も黙って目を閉じ、気持ちよさに酔いしれていた。

デートはハンバーガーを食べに行った。文京区にある有名なハンバーガーショップで、冬空の下30分ほど待って入った。店内はそこまで大きくなく、5つしかないカウンター席に二人で並んで座る。僕はエッグバーガー、友達はチーズベーコンバーガーを頼んだ。この後常連の店に飲みにいくことにしていたので、飲み物は頼まなかった。料理を待っている間、二人ともそれぞれの恋人の話をし、料理が来た後もそれぞれの恋人の話をした。二人とも肉汁で手をベトベトし、友達の口の周りについたマヨネーズを僕が拭き取り(僕の恋人の定義はあながち間違っていなかったようだ)、目の前でハンバーガーを作る店員さんを物珍しく見ていた。

 飲みに行った店は僕達が一番乗りだった。友達はウーロン割りを、僕はアセロラ割りを頼み、乾杯をしてから店のお兄さんを交えて他愛のない話をする。年季が入った棚の上の写真や常連客の笑い声が慣れなくて気分が落ち着かない。

そうしてるうちにもう一人の友達がきた。絶賛恋人募集中らしく、席に着くなり「今日も運命の人に会えなかった」と嘆いた。運命の人だって?!言葉の重さにウンザリしつつ(彼はそういうヤツなのだ)、運命の人とはなんだと聞く。色々彼の希望条件を聞いていくうちに理解できたのだが、彼の条件が厳しすぎて、まさに『運命の人』という言葉がぴったりだった。やれやれ。

きっかり5杯飲んでから店を出た。彼に運命の人に会えることを祈っていると言い(もちろん運命の人がいるなんて信じていないけれども)、今日のデート相手にまたデートしようとハグをして(酔っ払っていたのだ)、終電間近の電車に乗って帰った。

世の中には運命の人を信じている人がいるらしいんだ、信じられないよ。とカウボーイのおもちゃ(の写真)に話しかけてから電気を消す。僕の『運命の人』におやすみとメッセージを送り、スマホを充電器に繋ぐ。もし運命の人なんてシステムがこの世界にあるならば、どのぐらいの人が自分の『運命の人』に会えたんだろうか、その人達の人生は幸せなんだろうか。考えがぐるぐる頭を回りながら夢の中へ落ちていった。